システム開発//札幌 >株式会社ヴァックスラボ >組込開発

組込開発

 当社組込ソリューションにはAndroid、iTron、組込Linux、VxWorks、Windows Mobile、その他市販RTOS等、数多くのプラットフォーム活用の実績がございます。なかでもAndoroidについてはその将来性に着目し、いち早く技術習得に取り組みました。その経験を活かし、ポーティング、ドライバー開発、アプリケーション開発をトータルサポートすることで最良、最適、最短でのソリューション提案が可能となりました。また、開発モデルとして世界的に採用されている”V字開発モデル”を採用し、高品質なソリューションをご提供しております。

 

事例1:欧州自動車メーカー向け カーナビゲーション開発

carnavigation.png

 車載ネットワーク(MOST)内のカーナビゲーション、ラジオ、CD/DVD、携帯電話、iPodとCPU間のゲートウェイ部設計開発を行いました。

MOST:光ファイバー ケーブルを介してオーディオ、ビデオ、コントロール データを通信するシリアル通信システム

spacer.png

事例2:携帯電話アプリケーション開発

mobilephone2.png

 外出先の携帯電話から本社DBに対して発注、在庫問い合わせ、日報提出などの営業支援を行う携帯電話組込みアプリケーション開発を行いました。

spacer.png

事例3:デジタルカメラ手振れ補正制御ソフトウェア開発

digitalcmera.png

 手振れの動きと同調するように直接カメラ内部のCCDイメージセンサをx、y軸に移動させることにより、手振れの少ない綺麗な写真撮影を実現しています。

CCDイメージセンサ:光を感じて、それを電気信号に返還する電子部品のこと。スキャナやデジタルカメラに使われています。画素数が多いほど精細な画像を取ることができます。

spacer.png

開発モデル:V字開発モデル

v_model.png

弊社では組込開発においてV字開発モデルを採用しております。この開発モデルはドイツの政府関連のソフトウェア開発工程を規定するために開発されたモデルでその効果は高いといわれています。弊社ではV字モデルの手順に則った開発を行うことで高品位なソフトウェア開発を行っております。