2018/07/13

Javaとは?習得するメリット・デメリットを初心者にもわかりやすく解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Javaとはアプリ開発で使用されるプログラミング言語の一つです。
根強い人気があり、システム開発の現場でもJavaの経験者は重宝されます。

今日は、Java言語の特徴やメリット、デメリットをご紹介します。

 

Javaの特徴

オブジェクト指向型言語である

Javaは、オブジェクト指向型言語です。
オブジェクト指向とは、処理を一から構築するのではなく
既にあるモノを組み合わせて新しい処理を作り出したり
一から作る場合も一つ一つの処理を部品可し、再利用できるように作る考え方です。
(この辺の詳細は後日、公開予定です。)

「カプセル化」「継承」「ポリモフィズム」「オーバライド」などオブジェクト指向プログラミングの機能を実装しています。

 

オブジェクト指向とは?初心者でも解る主な特徴や手法を紹介

豊富なライブラリやAPI

Javaには、あらかじめ用意されているライブラリやAPIが数多くあります。
Swingのようなグラフィカルアプリから、JSP・サーブレットのようなサーバサイドアプリ等、豊富なライブラリが提供されています。

標準のAPIも「日付処理」「データベース処理」「配列・繰り返し処理」「文字列操作」等、プログラマが「こんなのあるといいな」と思う機能はほぼ標準APIに搭載されています。

これらすべてのライブラリが無償で使う事が出来ます。

 

Javaのメリット

実行環境を選ばない

Javaは、JVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)上で動作するプログラムです。

JVMが存在する環境であれば、どこでも動作出来ます。

OSもを選ばない為、WindowsOSでもMacOSでも動作します。
端末も選ばない為、パソコン・携帯・スマホ・タブレットでも動作します。

 

実行速度が速く安定性がある

Javaアプリは、実行速度がその他の言語と比べて比較的高速に動作します。

実行時に機械語に変換する必要があるインタプリタ型言語に比べて、コンパイラ型言語は高速に動作します。

 

セキュリティ性が高い

Javaは他のプログラミング言語に比べて安定性が高く、セキュリティ面で信頼されています。
そのため、第三者が作成したアプリケーションを安全に実行できます。

 

人気や需要がある

Javaはシステム業界で大変人気がある言語です。

Javaを経験していますというだけで、多くの仕事のオファーが来ます。
企業が利用する業務システムでもJavaは使われている為、開発案件は廃れる事がありません。

また、人気がある言語という事は、各種不具合に対する対策も早く
わからない事があってもインターネット上に解決策がアップされている為、解決が早くなります。

 

拡張性・再利用性がある

Javaで開発されたプログラムは、類似機能で使い回し(再利用)がやりやすくなっています。

また、既存機能に一部処理を追加するといった拡張性にも優れています。

 

メモリー自動管理機能

Javaには、ガーベジコレクションという使用されなくなったメモリ領域の自動開放機能があります。

これによって、メモリの開放漏れによるリソース低下やメモリ不正アクセスのリスクが激減します。

 

Javaのデメリット

オブジェクト指向に慣れる必要がある

オブジェクト指向言語は、習得に時間がかかる方式です。
理論だけ詰め込んでも、実践で扱えるようになるには多くの経験が必要になります。

また他人にオブジェクト指向を教育する事も、大変難しい事です。
イメージや概念で伝える事が多くなるため、文章や口だけの説明ではどうしても理解してもらえない場合があります。

 

初心者に難しい

プログラミング初心者にとってJavaを習得するのは、比較的ハードルが高い言語です。

標準ライブラリが豊富な事により、多種多様な要件を実現しやすくなっていますが、初心者にとっては、ライブラリの仕様を理解する事もかなりの時間が必要です。

また、単にプログラムが動けば良いという訳ではありません。

部品化を意識して、将来的に再利用や拡張される事を前提に設計、実装をする事が重要になってきます。

初心者のうちは、よほどプログラミングセンスや別言語で実践経験が無い限り、部品化を意識した実装をする事は難しく、つまずく事が多くなります。

 

小規模なプログラムやシステムの場合、逆に時間がかかる

簡単に実装可能なプログラムや小規模なシステムの場合、Javaは逆に時間がかかります。

それこそ一回切りの使い捨てプログラムのようなプログラムの場合、Javaよりも各種スクリプト言語で実装した方が、やりたい事を早く実現出来る事もあります。

Javaは拡張性と再利用性がメリットとなるため、小規模なプログラムの場合、Javaの実装は逆に仇となります。

 

まとめ

Javaの需要は今後も増え続け、エンジニアにとって欠かせない言語となるでしょう。

特に企業の業務アプリケーション開発の現場では、Java経験者は大変重宝されます。

学習するハードルは高いですが、学ぶだけの価値は十分にあるでしょう。

今後もJavaに関する記事を配信し続けていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 株式会社ヴァックスラボ , 2018 All Rights Reserved.